「売りから入る」ってどういうこと?

FX初心者がネットでFXについて調べているといろいろわからないことが出てくると思います。

「売りから入る」というフレーズもその中の一つではないでしょうか?

管理人もFXをはじめたころ、
売りから入るという意味がわかりませんでした、、

ここでは売りから入るとはどういうことなのかを説明したいと思います。

在庫が無いものをたたき売りすると、、、

日常生活の常識からいうと、
持っていないものを売るということはできませんよね?

もし道端で誰かが在庫が無いものをたたき売りをしていたら、
かなり詐欺的ですよね、、

しかし、外国為替市場ではこんな不思議な行為が、
合法的に公認となっています。

つまり現在保有していない通貨をいきなり売ることが可能なのです!

たとえば道端であなたがキャベツのたたき売りをやるとします。

でもそのキャベツは今は在庫がありません。

今は在庫が無いので、購入者にはキャベツではなく、
「いつかあなたの家にキャベツを一玉届けに行きます。」と書かれたクーポンを渡しておきます。

普通こんなことをしても絶対に売れないのですが、
今回はこんな変なクーポンが普通に売れるとします。

そして、この「いつかあなたの家にキャベツを一玉届けに行きます。」の、
「いつか」というのは本当にいつでもよくて、
いつまでに届けないといけない、という期限などは一切ありません。

このクーポン、あなた側からすれば、
いつ届けるのがお得でしょうか?

金銭的な損得を考えれば、
キャベツが100円より値下がりしたときに、
100円以下の価格で調達して届けると100円との差額分がお得
になりますよね?

もし、キャベツクーポンをまとめて1万枚売ることに成功していれば、
利益の額は1万倍になります!

日常生活では絶対に買い手は付かないのですが、
外国為替市場では逆にこういったことが日常的に行われています。

上で、合法的に公認と書いたのは、
こういったことをやっても誰も困らない仕組みが出来上がっているからなんですね。

今ドルを持っていなくても、売りから入ることができるのがFX

上記の例とほぼ同じ理屈なのですが、今ドルを持っていないとしても、
今後価値が下がるだろうと思ったらとりあえず売ることが可能なのがFXです。

FXでは差金決済という仕組みで取引が行われるので、
持っていない通貨を売ったり、10万円しか持っていなくても100万円規模の取引ができたりと、
いろんな取引の選択肢があります。

↑この3行の意味がわからなければ今はあまり気にせず、
とにかくFXなら今保有していない通貨であっても売りから入ることができる
と理解しておいてもらえればと思います。

もちろん、売りから入ったドルはいつか買い戻して取引を終了しなければなりませんし、
1ドル100円のときに売って1ヵ月後に1ドル110円になったら、
買い戻すと1ドルあたり10円の損失になります。

こういったリスクは当然ありますが、
重要なのは取引の自由度が高いということです。

つまりこれは、収益を生むチャンスが多いということでもあります。

ただ、「収益を生むチャンスが多い=損失を被る機会も多い」ということでもあります。

ですので、FXには、
メリットが多いことも事実ですが、リスクがたくさん潜んでいることも事実なのです。

ただ、このメリットの度合い、リスクの度合いを完全に自分でコントロールできるというのも、
非常に重要な点です。

これ自体がFXの非常に大きなメリットだと管理人は思っています。

当サイトではこういったメリットやリスクをある程度自分でコントロールできるようになった上で、
FXをはじめてもらえるように、サイトコンテンツを考えているつもりです!

中期投資!スイングトレード!  | トップページ |  マネーパートナーズ >