円高・円安ってどういうこと?

円高とか円安という言葉をニュースなどでよく聞きますよね?

でも、これってどういう意味なんでしょうか?

FX初心者にはいまいちピンとこないところかもしれませんので、
円高・円安について少し説明してみたいと思います。

円高は円の価値が高くなること、円安は円の価値が低くなること。

円高は円の価値が高くなること、円安は円の価値が低くなること、、、
というのはなんとなく分かるんだけど、
なんだかニュースの話を聞いていてもいまいちしっくりこないことが多くないですか?

実は管理人も数年前まではそうだったんで、よくわかります、、(汗)

確かに円高は円の価値が高くなること、円安はその逆です。

たとえば、1ドル100円だったドルが、今1ドル90円になりました。

これは1ドルが安くなったので円安ですよね、、、?

・・・・・・・・・・・

いえ、実はこれ円高になっているんです。

円高・円安という感覚がなんだか身に付きにくい一番の原因は、
この、直感的な価格感が逆になっているからではないでしょうか?

こういう場合は具体例を出すのが分かりやすいです♪

たとえば今、1ドルのコーラがあるとします。

今の為替レートが1ドル100円だとすると、
このコーラは日本円で100円ということになります。

ここで為替レートが変動して、1ドル90円となった場合、
全く同じコーラが90円で買えることになります。

今まで100円だったコーラが90円で買えるようになった。

今までよりも少ない円でコーラが買えるようになった。

円の価値が上がった!

円高になった!

つまり、1ドル100円だったドルが90円になった場合は、
円高になったということなのです。

こうやって考えると確かに円の価値が上がっているということがわかると思います。

外国為替市場ってどこにあるの?  | トップページ |  DMM.com証券 >