スワップ運用をする場合に重視したいFX業者のポイントとは?

これは断然スワップ金利が高い業者ということになります。

スワップ運用をする場合、数年スパンで保有する前提ですから、
手数料よりもスワップ金利を重視すべきです。

なぜなら、手数料よりもスワップ金利の方が収益に影響するからです。

スワップ金利というのは同じ1万通貨の通貨ペアであっても、
業者が違えば1日10円以上違ってくるところもあります。

1日10円ということは、仮に1年保有すれば3650円違ってくるということです。

1万通貨で年間3650円変わってくれば、
仮に手数料スプレッドが2銭広い業者であっても、1万通貨あたり200円しか違いませんから、
スワップ運用をする場合に、手数料はほとんど影響しないということがわかると思います。

第一にスワップ運用、その次は業者の信頼性も重要になってきます。

最近では信託保全が義務付けられましたので、
当サイトに掲載している業者であればほぼ間違いないとは思いますが、
自己資本規制比率が低い業者や知名度が低い業者は避けた方が無難でしょう。

できれば上場をしている業者などであればなおいいと思います。